【初級】F値(絞り)を徹底解説!!カメラ初心者でもわかる露出コントール①【テクニック】

【初級】F値(絞り)を徹底解説!!カメラ初心者でもわかる露出コントール【テクニック】

こんにちは、サラリーマンPhotographer いくまもんです。

新しいカメラを買ったばかりのあなた「カメラを買ったがなかなか写真がうまくならならい」とか「F値やシャッタースピードって何ですか?」とか私の所にもたくさんの相談が飛んできます。

このようなお悩みを解決すべく、カメラの基礎の基礎、F値について説明したいと思います。

本記事の内容

  • 写真を上達させるための基本的かつF値の知識を知ることができる
  • F値の具体的な活用方法とテクニックを知ることができる

私、いくまもんはカメラを本格的に始めてから2年でカメラメーカーのNikonが主催しているニッコールフォトコンテストでニッコール大賞、5年でNature’s Best Asiaという世界のプロが競うフォトコンテストで優秀賞を獲ることができました。だからどんなプロよりも初心者に近く、誰にでも通用する考え方やコツを知っているのです。

1. 「写真とは何か」理解する

写真って何??

って聞かれてあなたはなんて答えますか⁇
まずこの問いを考えることからスタートする必要があります。

私は写真に対して、2つの定義をしています。

超重要!!

  • [1]光をコントロールし、“点”や“線”を表現するツール
  • [2]限られた四角/平面で、“時”or“ストーリー”を表現するツール

この『光をコントロールする』、というのが非常にポイントなんです。
なぜならカメラは光を画像センサー(撮像素子)に取り込むことによって”写真”というデータに変換しているので。

2.操作すべき3つのパラメーターとは

  • F値(絞り)
  • シャッタースピード
  • ISO感度

【初級】F値(絞り)を徹底解説!!カメラ初心者でもわかる露出コントール【テクニック】
今回はこの
F値(絞り)
に関して説明したいと思います。

※もしF値について知りたい場合は以下の記事をお読みください。

【初級】シャッタースピードを徹底解説!!初心者でもわかる露出コントール②【テクニック】

3.F値(絞り)とは

光を取り込むために、絞りの開き具合を操作する

レンズから入る光の量を調整する部分です。下の写真ように、レンズの中に備わっていて、穴の大きさを変えることで取り込む光の量を調整しています。
【初級】F値(絞り)を徹底解説!!カメラ初心者でもわかる露出コントール【テクニック】
よく私は水道の蛇口で例えますが、F値(絞り)はこの水道の蛇口の大きさ・太さを表しています。
この蛇口からでる水の量が光の量です。
F値が大きいほど蛇口は小さくなる、つまり出てくる水の量は減る、つまり光の量は減り、写真は暗くなります
F値が小さいほど蛇口は大きくなる、つまり出てくる水の量は増える、つまり光の量は増え、写真は明るくなります
【初級】F値(絞り)を徹底解説!!カメラ初心者でもわかる露出コントール【テクニック】
またF値はピントの合いやすさに大きく関わってきます。
F値が大きいほど被写界深度というピントの合う奥行き範囲が大きくなります。
逆にF値が小さいほど被写界深度は小さくなるなり、ピントの合う範囲は狭くなっていきます。

【初級】F値(絞り)を徹底解説!!カメラ初心者でもわかる露出コントール【テクニック】
このようにF値は写真の明るさや、ピントの合いやすさに大きく影響するため、写真のクオリティや表現方法に直結していきます。写真をうまくなるためには、F値の理解が必須なのです。

4.F値を大きくする [使用シーン・テクニック]

私が普段撮影するとき、F値を大きくするシーンの例としては以下の3つです。

  • 奥行きのある風景
  • 集合写真
  • 照度が高い

奥行きのある風景

風景写真はできる限り、全面にピントが合っている状態が理想です。
つまりF値を大きくして被写界深度を上げることにより、ディテールまで素晴らしい写真に仕上げることができます。
【初級】F値(絞り)を徹底解説!!カメラ初心者でもわかる露出コントール【テクニック】

集合写真

集合写真も全員にできるかぎりピントがあうようにF値を大きくしてあげましょう。
【初級】F値(絞り)を徹底解説!!カメラ初心者でもわかる露出コントール【テクニック】

照度が高い

周囲が明るい日中などはF値を上げることで暗く調整することができます。
(もちろんシャッタースピードで調整することもできます。)

テクニック①夜景をカリカリに撮る

暗い所ではF値はできる限り小さくしたくなってしまいますが、都市部の夜景などではF値を上げることにより、写真のディティールが向上し、近未来感が増してきます。
下の写真のように奥行きがあり、ビルが立ち並ぶような風景はF値を上げることをおすすめしています。

テクニック②光条を出す

F値を22くらいまで上げると、光がトゲトゲにうつる「光条」という現象が発生します。
場合によってはこれらをうまく取り入れてあげることも、良い効果を生み出します。
【初級】F値(絞り)を徹底解説!!カメラ初心者でもわかる露出コントール【テクニック】

4.F値を小さくする [使用シーン・テクニック]

私が普段撮影するとき、F値を小さくするシーンの例としては以下の3つです。

  • ポートレート
  • 照度が低い
  • 星空

ポートレート

ポートレートを撮影するときは是非F値を小さくして撮りましょう。
人物の背景がボケることにより、写真を見ている人の視線も自然と人物の方へ注目します。
具体的には下の記事でも説明をしているので読んでみてください。
【初級】F値(絞り)を徹底解説!!カメラ初心者でもわかる露出コントール【テクニック】

照度が低い

暗い場所、例えば部屋の中や夕暮れ時など、そういったところでシャッタースピードを落としていっても限界が出てきます。その場合はF値を小さくして撮影しましょう。
【初級】F値(絞り)を徹底解説!!カメラ初心者でもわかる露出コントール【テクニック】

星空

私は星空もF値開放(一番F値を小さくした状態)で撮ることが多いです。
【初級】F値(絞り)を徹底解説!!カメラ初心者でもわかる露出コントール【テクニック】

テクニック①前ボケ、後ボケを活用する

この一眼レフならではのボケ味をうまく活用しましょう。
まだカメラを始めたばかりの方はどうしても後ボケに注目しがちですが、前ボケを活用することによりに立体感を出すことができ、より表情を強調させることができます。
【初級】F値(絞り)を徹底解説!!カメラ初心者でもわかる露出コントール【テクニック】

6.F値はレンズで決まる!!

F値はどこまでも小さくできるわけではありません。
実はレンズ性能で決まってしまいます。

私も愛用している以下のレンズを見てください。
このレンズはF値はF1.4まで下げることができますが、


こっちのレンズはF3.5 ~F6.3までしか下げることができません。

F値を小さくすることのできるレンズは一般的により高価になってきます。

最後に

いかがだったでしょうか?
このようなカメラの知識は毎月開催しているオンラインいくまもん勉強会の中でも説明しています。
第2回目の申し込みはこちらのフォームからご記入ください!!
またLINE@に登録していただくと、勉強会で使用している有料教材を今だけ無料でプレゼントしています!!(今日のF値の話もテキストに入っています!!)
LINE@では写真がうまくなる情報や、勉強会・撮影会などの情報をどんどん配信していきます。
お気軽に登録お願いします。
友だち追加

コメント

Contact Me

Please contact me any question & request.

タイトルとURLをコピーしました